睡眠の質で育毛効果アップ!?|女性の髪の毛を生やす方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

睡眠の質で育毛効果アップ!?|女性の髪の毛を生やす方法

眠る女性

 

最近、仕事が忙しかったりして寝る時間が12時まわっちゃう。

 

慢性的な寝不足でいつも眠いし、抜け毛もふえてきちゃった。

 

やっぱり、睡眠不足って髪の毛に悪いのかな?

 

このまま薄毛になったらどうしよう。

 

睡眠時間がみじかくても睡眠不足にならない方法ないかな?

 

 

この記事を読んでわかること

  • 育毛に効果的な睡眠を知りたい
  • 髪の毛を生やすには夜何時に寝たらいい?
  • 食事・頭皮ケア・睡眠・・・本当に髪の毛に良いのはどれ?

 

睡眠は、時間よりも質が大切です。

 

質の良い睡眠がとれれば、多少は睡眠時間がみじかくても
髪の毛の成長のじゃまをしないし、朝もスッキリ起きられます。

 

女性は、睡眠の質があがればあがるほど、綺麗になっていきます。
睡眠の質が良いと、育毛効果・美肌効果・バストアップ効果など
嬉しい効果がたくさんあるんですよ^^

 

 

育毛に効果的な睡眠とは?

ノンレム睡眠

引用元:内科・循環器科 あおやまクリニック

 

  • 質の良い睡眠

 

睡眠は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の2種類にわけられます。

 

ノンレム睡眠とは

  • 深い眠り

脳がゆっくり休んでいる状態。

レム睡眠とは

  • 浅い眠り

体は休んでいるけれど、脳は寝ていない状態。

 

 

ノンレム睡眠とレム睡眠がいい感じに入れかわると

 

体も脳もしっかり休めるので「質の良い睡眠」になります。

 

 

ノンレム睡眠が重要ポイント

ノンレム睡眠と成長ホルモンの関係

引用元:最高の睡眠をgiftするスリーペディア

 

髪の毛は、ノンレム睡眠のときに成長します。

 

ノンレム睡眠のときにどうして髪の毛が成長するのかというと、

 

成長ホルモンが分泌されるからです。

 

成長ホルモンは、ノンレム睡眠のときに1番おおく分泌されます。

 

 

食事・頭皮ケア・睡眠・・・本当に髪の毛に良いのはどれ?

お風呂上りに水を飲む女性

 

髪の毛を生やすには夜何時に寝たらいい?


髪の毛のゴールデンタイム

 

髪の毛を生やすのに理想的な寝る時間は夜の10時です。

 

夜の9時半くらいから髪の毛の細胞分裂がはじまって

 

夜の10時〜深夜2時くらいまでの時間に髪の毛が成長します。

 

 

夜の10時〜深夜2時のゴールデンタイム
成長ホルモンがもっとも分泌します。


 

ゴールデンタイムに深く眠れると、髪の毛が成長しやすくなります。

 

 

ゴールデンタイムの中で1番大事なのは最初の90分

ねこ

 

眠りはじめたあとの90分間は

 

深い眠りのノンレム睡眠です。

 

寝入りばなの90分間の間に

 

1日あたりに分泌される成長ホルモンのうち、

 

70%が出ています。

 

 

睡眠不足は薄毛になる!?

ストレスのある女性

 

眠りにつくのが遅くなると、深い眠りの
「ノンレム睡眠」にならないので
成長ホルモンが分泌されにくくなります。

 

理想的な睡眠時間は6〜8時間。

 

 

朝6時に起きるひとなら、夜の12時には眠りについておくと良いです。


 

深く眠れていると、脳が整理されるので
ストレスがたまりにくくなります。

 

睡眠の質が良いと、ストレスによる抜け毛もおさえられます。

 

はんたいに、睡眠不足の状態がつづくと、

 

  • 毛母細胞が分裂しにくくなる
  • 頭皮の血の流れがわるくなる

 

など、髪の毛が生えにくい頭皮状態になります。

 

 

質の良い睡眠をとる4つの方法

ぐっすり眠る女性

 

運動する


夕方にかるい運動をすると、寝つきがよくなります。
かるくウォーキングをしてみては?

 

 

寝室を快適にする


寝る時に音が気になると、眠りの質がさがります。
質の良い睡眠をとるには、照明を暗くしてここちよい温度で寝ると良いです。

 

 

お風呂は寝る2〜3時間前にはいる


湯船につかると、交感神経が刺激されて体温があがります。
体温があがると覚醒されるので、眠りがあさくなります。

 

体温が低いほど深く質の睡眠になるので、
お風呂から出てすぐの、体があたたまった状態で寝ると
眠りの質がわるくなります。

 

参考:テルモ体温研究所「睡眠と体温」

 

 

寝る前のお酒・タバコ・コーヒーをひかえる


アルコールをとると、寝つきがよくなるのですが、交感神経が活発になるので
すぐに目がさめたりして深くねむれず、睡眠の質がさがります。

 

タバコにふくまれるニコチンには覚醒作用があります。
交感神経が活発になるので、寝つきがわるくなったり、眠りがあさくなったりします。

 

コーヒーにふくまれるカフェインにも覚醒作用があって寝つきがわるくなります。
ただし、ミルクをいれて温めて飲むと、
睡眠ホルモンがでやすくなったり脳が覚醒するのをおさえてくれるので
どうしても寝る前にコーヒーがのみたくなったらホットカフェオレがおすすめです。

 

 

30歳をすぎると成長ホルモンが少なくなる

成長ホルモンの年齢による減少

 

成長ホルモンの分泌は10代がピーク。
そのあとは少しずつ少なくなって、20代以降はガクンと減っていきます。

 

成長ホルモンは年齢をかさねるほど分泌される量が少なくなります。

 

年齢があがるにつれて、意識して睡眠の質をあげると
成長ホルモンの分泌量がふえて

 

髪の毛のボリュームをキープできるので
薄毛の予防ができます。

 

 

成長ホルモンが少なくなると、
更年期のイライラやほてりなどの症状が悪化したりもします。


 

 

食事・頭皮ケア・睡眠・・・本当に髪の毛に良いのはどれ?

女性の髪の毛

 

食事の育毛効果

髪の毛の成長に必要なエネルギーになる
頭皮ケアの育毛効果

頭皮が丈夫になって髪の毛が育ちやすく、抜けにくくなる

睡眠の育毛効果 成長ホルモンによって髪の毛が成長する

 

髪の毛をすこやかにキープするには、ぜんぶ大切ですが、

 

順位をつけるとしたら、

 

食事
睡眠
頭皮ケア

 

です。

 

成長するための栄養がなくては、
成長ホルモンが分泌されても髪の毛が育ちにくくなります。

 

髪の毛の成長に必要な食事をとって睡眠の質をあげることが
髪の毛のアンチエイジングにもっとも効果的ですね。

 

最近話題になっている女性用の育毛サプリは

 

  • 成長ホルモンをアップさせる成分
  • 髪の毛の成長に必要なアミノ酸などの成分

 

が配合されています。

 

 

食事がかたよりがちなときは、
髪の毛の栄養をおぎなえるサプリを飲むと良いでしょう。

 

 


 
page top